FC2ブログ

お正月料理 「おひら」

小正月のために「おひら」を煮ました。
「おひら」は、この辺りの郷土料理で、お正月になくてはならない煮物です。
上にもしゃもしゃ乗っかっているのは、糸昆布。「こぶ=喜ぶ」など、具材にもいろいろ意味があるようです。


↓新野の雪まつりを見に来たお客様も召し上がり、喜んでくれました。
DSCN3280_20120115194202.jpg

新野の雪まつり、見に行かれたお客様は、「とてもよいお祭りだった」と話してくださいました。
14日午前四時でも200人くらいの観客がいたと。
そして、エジプト研究で著名の吉村作治先生や、テレビ局の方も来ており、賑やかだったそうです。
毎年この雪まつりのころが、寒さが一番厳しい時。
お祭りをする人も、見る人も、凄い!

1月14 15 16日は、小正月 百姓の正月 仏の正月 モチイ

1月14日~16日は、小正月。
売木村では、小正月も正月に並んで大切な日です。
家庭によっては、お正月のように「お年とり」といって、家族親戚一同夕食を食べたりすることもあるようです。
小正月は、「百姓の正月」とも言われ、五穀豊穣を願う気持ちは、門松にも表れています。

DSCN3260_20120114223225.jpg

お正月のために立てられた門松は、1月5日の「松おさめ」の日に、門松の下の方の枝を取り払われて、小正月までに変身します。いろいろな形の門松があって、おもしろいです。
      DSCN3268.jpg

      DSCN3255.jpg

「十二月」と書かれた木切れは、「オタッシャギ」といわれるもので、フシの木を薄く裂いて作ったものです。
13日夕方から14日朝に、オタッシャギ、小さく切った餅や米などを持って、お墓参りをするのも習わしのようです。
DSCN3275.jpg

小正月のためについた「餅」。
機械でついた餅ですが、私嫁に来てから初めての餅をついて、のばしました。
手作りの餅は、おいしいですね!!
DSCN3272.jpg

金生山宝蔵寺 大般若祈祷会

3月29日、金生山宝蔵寺の、大般若祈祷会に行ってきました。

宝蔵寺の和尚さんは、お坊さんの中で一人だけ違う装束を身に着けて、
中央に座ってお経を読んでおられる方です。
周りのお坊さんたちは、今日のために別のお寺から来てくださったお坊さんです。

DSCN0999.jpg

読経の途中で、突然「大般若(だーいはんにゃ・・・・」)」大声で繰り返し。
お坊さん達が、大般若経をバラバラとしはじめました。
DSCN1002.jpg

DSCN1007.jpg

お坊さん全員で、お経をバラバラとやるので、実際に見ると目を見張るものがあります。
そうすることの意味についてはよくわかりません。
大般若祈祷会の案内文によると
「扇を広げるように連続し、団が皆様の家内安全、子孫長久、商売繁盛、交通安全、
厄災削除などなど願が成就するように祈祷を巌修するお寺の大切な恒例行事です」ということです。

DSCN1008.jpg

最後には 「おくよ」と呼ばれるお餅投げ。
なんと、お餅だけでなく、パンや、お菓子まで飛んできました!!
投げたものが、お供え物だったから・・・?

3月21日 お練り 

3月21日 太田稲荷神社祭典 「お練り」の様子 

朝から雨ふり。
太田稲荷神社まで歩くことができないので、室内で行われることになりました。
しかし、だんだん雨がやんできたので、役場から岡田屋旅館さん前までの往復を練り歩くことになりました。

午前11時。東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた方々に黙祷の後、お練りがはじまりました。
笛と太鼓の音色。をお伝えできないのは残念ですが・・・
ゆっくりゆっくりと一時間と少し、練り歩きました。
 
             DSCN0966.jpg
↓ かっこいい舞の一部 
DSCN0983.jpg
↓ これは、紙でつくられた花(手作りでキレイ!)。
田畑にたてておくと、農作物に虫がつかないといわれ、みんなもってかえります。
DSCN0997.jpg

3月21日 お練り祭り 朝九時半 役場前スタート!

3月21日 太田稲荷神社春の祭典 お練り祭り 
朝9時半 売木役場前スタート です! 
さあご一緒に、太田稲荷神社にいきましょう!!

太田稲荷神社は、宝蔵寺の横の細い山道を、登っていくとある小さな神社です。
江戸時代に祀られ、明治、昭和に改築再建されているらしいのですが、見るととっても古い建物です。
そこに向かって、3月21日(お彼岸の中日 春分の日)には、舞・太鼓・笛のきらびやかな行列が、ゆっくりゆっくりと練り歩きます。
先頭二人の「舞」が、とてもかっこいいので、見に来てください。

太田稲荷神社に到着すると、おもち投げ(「おくよ」と呼ばれています)があり、このおもちを食べると、一年風邪をひかないと言われています。

昨年は、小雨がぱらつき、とても寒いせいもあって、お練りの行列と一緒に太田稲荷神社まで歩く人が少なくて残念でした。人が少なかったので、私おもちいっぱいもらっちゃいましたよ。

ぜひみなさん、一緒に太田稲荷まで練り歩き、一年間の無病息災、幸せを祈りましょう。
東北地震以来押し寄せている不安な毎日。我々を取り巻く環境がこれ以上悪化しませんように。

    ↓ 昨年の 「お練り」の様子
      
(花を持っているのは、甥っ子。村長も小太鼓をたたいておられました。)

お練り祭り詳細
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
フェイスブックページは周辺情報も満載
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示