スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂の巣とりに 忙しい。

ささゆり荘の男たちは
最近ハチトリに忙しいです。

アカバチの巣。
結構おおきかったです。
直径30センチちかく。


「ガータもいれたら直径50センチくらいあった」という話ですが、
高いところから落としてしまったので ガータが壊れたらしいです。

ガータというのは、「外壁」「外側」の意味の方言?
男たちは大きくて子がつまった巣だと、とにかくうれしそうです。

蜂の巣とりは、ハチに刺されるかもしれない危険はもとより、
採りにくいところや高いところにあったり、夜暗いところでやったりするので、
命がけの作業。
なのに意外と軽装で行ってしまうので、こちらもハラハラ。
良い子は真似をしないようにしよう。

駆除だったけれど、やっぱり食べるのです。
皆でハチの子を抜きました。
ハチの親も、「ハチの素揚げ」が店で意外と人気で注文が出るので、とってあります。

さあ、今年初物 「ハチの子の甘辛煮」「ハチの素揚げ」
お食事中に追加で注文ができます。

二つの巣を駆除したのですが、
一つは、この辺ではあまり見かけない、黒いハチで、
「売木に新種のハチがきたか」と、男たちはどよめいています。
DSCN9433_01.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
フェイスブックページは周辺情報も満載
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。