1月14 15 16日は、小正月 百姓の正月 仏の正月 モチイ

1月14日~16日は、小正月。
売木村では、小正月も正月に並んで大切な日です。
家庭によっては、お正月のように「お年とり」といって、家族親戚一同夕食を食べたりすることもあるようです。
小正月は、「百姓の正月」とも言われ、五穀豊穣を願う気持ちは、門松にも表れています。

DSCN3260_20120114223225.jpg

お正月のために立てられた門松は、1月5日の「松おさめ」の日に、門松の下の方の枝を取り払われて、小正月までに変身します。いろいろな形の門松があって、おもしろいです。
      DSCN3268.jpg

      DSCN3255.jpg

「十二月」と書かれた木切れは、「オタッシャギ」といわれるもので、フシの木を薄く裂いて作ったものです。
13日夕方から14日朝に、オタッシャギ、小さく切った餅や米などを持って、お墓参りをするのも習わしのようです。
DSCN3275.jpg

小正月のためについた「餅」。
機械でついた餅ですが、私嫁に来てから初めての餅をついて、のばしました。
手作りの餅は、おいしいですね!!
DSCN3272.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
フェイスブックページは周辺情報も満載
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示