スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイバチの巣を、見つけてウキウキ

ささゆり荘の料理長は、最近ごきげん。
先日草刈りをしていたら、地蜂(クロスズメバチ)の巣を見つけたということで、ウキウキです。
毎日巣穴の前に立って、蜂の行きかうのを眺めては、喜んでいます。

これが、ヘイバチ(←クロスズメバチの俗称)の巣穴


ヘイバチが穴から一匹出てくるところ。
奥の方にも一匹。見えますか?
DSCN2093_03.jpg
ヘイバチは、地面の中に巣を作ります。
巣が大きくなった秋ごろに、煙幕を炊いて蜂の動きを鈍らせて、蜂の巣をとり、蜂の子や蜂を取り出して食べます。
虫を食べるなんて!と思うかもしれないけれど、昔は山の人の暮らしに欠かせない重要な蛋白源だったそうです。

特に、蜂の子は、何物にも代えがたい独特な風味が出て、おいしいです。
蜂の子おこわは、大ごちそうで、我が家でも運動会の時のお弁当などで登場します。

地蜂、クロスズメバチ 蜂を食べる 詳細
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
フェイスブックページは周辺情報も満載
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。